ノアンデはデリケートゾーンにも使える?

ノアンデとは?

ノアンデとは、シリーズ売上累計50万個を突破した人気ワキガ用クリームです。

デオドラントや制汗剤は市販でも数多く売られていますが、その中でもワキガへ効果を発揮するものはほんのひと握りです。
その中でもノアンデは口コミがよく、評判の良いワキガ対策商品なのです。

ノアンデは、発売当時からワキガに効果的なデオドラントとして口コミを集めていましたが、
2019年7月に「4代目ノアンデ」としてリニューアルして返ってきました。

ノアンデの効果を発揮するのは、主に脇とされています。
しかし、脇だけでなくデリケートゾーンの匂いにも悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、ノアンデがデリケートゾーンにも使用可能なのか・効果はあるのかについて解説します。
ノアンデがデリケートゾーンにも使えるのか、気になっている人はぜひ参考にしてください。

デリケートゾーンの臭いが気になる理由

ワキガだけでなく、デリケートゾーンなどの毛の多い場所には「アポクリン汗腺」という汗腺が集中しています。
アポクリン汗腺が分泌する汗や皮脂が皮膚常在菌によって分解され、その分解された物質が悪臭を放つという仕組みです。

デリケートゾーンのワキガには「すそわきが」という名前もある通り、存在が認知され治療法なども作られています。
ワキガやすそわきがを改善するには、クリームやソープを使用するほかボトックス注射を受けることなどがあります。

ノアンデの商品の中にはクリームソープがあり、用途によって使い分けることで効果を発揮させることができます。

ノアンデはデリケートゾーンにも使える?

クリームの場合

ノアンデのクリームは、殺菌・制汗の2大有効成分であるシメン-5-オールフェノールスルホン酸亜以外にも、
透臭サポート効果のある柿タンニンやシャクヤク、茶、ハマメリス、甘草、セイヨウオトギリソウ、キダチアロエ草の
天然由来成分7種類を使用しています。

このように天然由来成分にこだわることで低刺激で臭いの抑制を実現しています。
よって、デリケートゾーンのような刺激に弱い箇所に使用することも可能です。

ソープの場合

ノアンデにはクリームだけでなく、「デリケートゾーン透臭ソープ」というものも開発されています。
このソープは名前の通りデリケートゾーンの臭い改善のために作られ、
「ニオイのもとを洗い流して対策できるようなソープを作りたい」というコンセプトをもとにしています。

ワキガ・すそわきがの悪臭は分解された汗や皮脂によって放たれるものですので、
ソープを使うことによって「原因ごと流してしまう」ということが可能です。

ノアンデソープの配合成分
イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸ジカリウム
その他の成分 N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸トリエタノールアミン液、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、ソルビット液、濃グリセリン、1,3-ブチレングリコール、グリセリルエチルヘキシルエーテル、アルキル(8~16)グルコシド、香料、エタノール、マンネンロウエキス、オトギリソウエキス、オウバクエキス、ハマメリスエキス、チンピエキス、カモミラエキス-1、クララエキス-1、セイヨウトチノキエキス、オウレンエキス、セイヨウハッカエキス、リン酸L-アスコルビルマグネシウム、コラーゲン・トリペプチドF、カキタンニン、クロラミンT、炭酸水素Na、炭酸Na、チャ乾留液、無水エタノール、ヒオウギ抽出液、オウゴンエキス、ローマカミツレエキス、シャクヤクエキス、アイビーエキス、マルトース・ショ糖縮合物、紅茶エキス、ゴボウエキス、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、フェノキシエタノール

ソープも同じく天然由来成分から作られているため、敏感肌の方でも安心して使用することが可能です。
ソープであればお風呂の際に使うだけのため、デリケートゾーンにクリームを塗ることに抵抗を感じる方でも気軽に始めることができます。

デリケートゾーンのすそわきがに悩む方は、是非一度ノアンデの「ADVANCED CLEASENCE SOAP」を使ってみてください。

もし効果が得られなかった場合は


ノアンデでは、公式サイトから購入した方のみに「全額返金保証」がついてきます。

定期購入プランの方は無期限、単品購入の方は30日間保証されますので、
いまいち効果を実感できなかったり肌が荒れてしまった場合でも安心です。

詳しくは、ノアンデ公式サイトをご参照ください。