ビハクシアにはどんな効果がある?ビハクシアに含まれる成分と効果を紹介!

“ビハクシアは濃密な炭酸泡で美肌ケアを行う商品ですが、どのような成分が配合されているのか気になる人も多いものです。ビハクシアに配合されているものとしては、炭酸水素ナトリウムや、セラビオ、センチフォリアバラ花エキス、温泉水、加水分解ヒアルロン酸やコラーゲン、アスタキサンチンやトレハロースなど様々なものが配合されています。このように豊富に配合されていることから、シミや乾燥小じわなどに効果が期待できます。
代表する成分としてまず第一に、ビタミンC誘導体、ハイドロキノン誘導体、グリチルリチン酸2カリウムと呼ばれるものが挙げられます。これらはシミの原因になるメラニンの生成を抑制することが期待できるものです。ビタミンC誘導体はシミの予防や肌の引き締め、エイジングケアが期待でき、角質層に浸透してメラニンの生成を抑え、しみが発生するのを防止します。ビタミンC誘導体が角質層まで浸透するので、肌の奥からしっかりとケアをすることができるでしょう。ハイドロキノン誘導体は、今はまだ奥の方に潜んでいるけれどもこれから現れてくるシミを予防することが期待できます。ハイドロキノンは美白効果が高いと期待されていますが、その安定性を高めたものがハイドロキノン誘導体です。三つ目のグリチルリチン酸2カリウムはカンゾウの根っこに含まれている天然由来のものです。主な作用としては、炎症を抑えたり雑菌の繁殖を防ぐことが期待できるでしょう。肌を正常な状態、そして健康な状態に導くとして欠かせないものといえます。ビハクシアは医薬部外品として認められているものでもあり、このように美白効果の高いものがトリプルで配合されていることから、高い評価を得ています。
そのほかのに含まれているものとしてセラビオが挙げられます。セラビオは大豆や米ぬか、納豆菌などを発酵させることでつくられた天然由来のもので、肌にハリや艶、潤いなどを与える効果が期待できるものです。温泉水は出雲湯村温泉水を使用するなど、安心して使える商品と言えます。中には使った後に肌が赤くなったなどの口コミが見られますが、これは血行が良くなっている証拠だといえます。しかし体質には個人差があるものなので、肌に合わないと感じた場合にはすぐに使用を中止し、かかりつけの医師に相談することをお勧めします。ビハクシアにはこのように数多くの成分が配合されていますが、これらの成分が濃密炭酸泡でシミや毛穴の汚れにアプローチをします。極小の濃密泡なので、黒ずみや古い角質をかき出すことが期待できるでしょう。通常の洗顔ではなかなか落としきることのできない汚れに対してもアプローチをすることが可能なので、しみ対策には十分期待できるといえます。また濃密炭酸泡が、毛穴の余分な皮脂や汚れなどを吸着して浮かせとる効果も期待できます。このことから毛穴の中までのアプローチにつながります。美しい肌に導くために、ピーリングなどを行う人もいるかもしれません。ピーリングは確かに肌のくすみやしみ対策としては非常に有効ですが、肌への刺激が気になる人もいます。ビハクシアの場合には、炭酸泡でアプローチをすることになるので、肌に優しいしみ対策や毛穴対策を行うことができるでしょう。加齢やストレスによりターンオーバーが乱れると、肌のサイクルが遅くなるので、シミの原因をため込むことにもなります。しかしビハクシアは濃密炭酸泡で肌に刺激を与えることから代謝が促進され、ターンオーバーを整える効果が期待できるでしょう。肌の環境を整えられるので、ニキビや毛穴の黒ずみ、シミなどの数々の肌トラブルが気になるという人にとっては非常にお勧めの商品と言えます。”