ビハクシア 美白クリームの効果的な使い方を紹介!

“美白とエイジングケアの効果が一気に期待できる薬用美白クリームのビハクシアですが、少し使い方を工夫することによって、その効果を何倍にも高めることが期待できます。一般的なビハクシアの使い方は、朝晩2回、普段から使っている化粧水や乳液などの基礎化粧品を使った後に使用することになります。使い方は非常に簡単で、まず肌を清潔な状態にしたら、ビハクシア一包を手にとって顔に塗っていきます。使う際にはメイクを落として顔や手を洗って清潔な状態にします。この時に水分を顔や手に残さないようにしっかりとふき取ることを忘れないようにしましょう。塗るときには目と口の周りを避け、まんべんなく伸ばしていきます。5分から10分ほど泡がはじける感覚が感じられるので、その泡が収まったらふき取って洗い流していきましょう。一般的にはこのように使っていきますが、コットンでパックをしてみることもお薦めです。ビハクシアを少し多めに乾燥しやすい部分にのせたら、その上からコットンをかぶせて、5分から10分程度おきましょう。こうすることで有効成分が肌の奥へと浸透していき、潤い感が増すことが期待できます。肌に十分クリームがなじんだら、残りはかぶせておいたコットンを使ってふき取れば終了です。この方法だとクリームを多く使うことになるので、残りの量を考えながら実践していくと良いでしょう。
ビハクシアは保湿効果が高く、化粧下地に利用することも可能です。化粧下地として使えばファンデーションが割れてしまったり、浮きの防止にもきっと役立つことでしょう。肌が潤うので化粧ののりも良くなり、メイクをする時間が短縮されたり、メイク直しの手間を省くことにもつながります。
そして効果的な使い方として、毎日使うことが重要です。ビハクシアは、肌のターンオーバーの力を引き出したうえで、その作用によって肌トラブルを改善していくとされています。毎日使わずに使わない日が出てくると、肌の改善がその分遅れることにもつながります。できる限り毎日使い続けていくように心がけましょう。このクリームを使うことでその日に蓄積した疲れやダメージなどをリセットする効果も期待できるため、このためにも毎日使い続けていくことが大切です。そして毎日使い続けると同時に、しばらくの間使うことが大切です。保湿効果は多くの人が実感しているものですが、現在起きている肌トラブルを改善するためには、やはり時間がかかります。少なくとも数カ月間は継続して使用する必要があるでしょう。口コミでは2カ月から3カ月ほどで効果が実感できたという声が多く聞かれるので、少なくとも3カ月から半年ぐらいは続けてみる必要があります。
そして効果的な使い方として、お風呂上がりに使うことをお勧めします。有効成分は毛穴から吸収されるので、できる限り毛穴が開いている時に浸透しやすいといえます。お風呂上がりであれば、温かさによって毛穴が開いている状態なので浸透しやすく、保湿効果の実感しやすくなるでしょう。また使うのであれば使う前には半身浴をしたり、ホットタオルなどを顔にあてて毛穴を広げてから使うことをお勧めします。クリームを使う前の洗顔は丁寧に行いましょう。毛穴にメークや余分な皮脂が残っている場合には、有効成分がうまく肌に浸透せずにはじかれてしまいます。これでは美白効果も低下してしまうことでしょう。まだ残っているメイクや皮脂の上からクリームでふたをしてしまうことにもなるので、雑菌が繁殖しやすくなってしまうかもしれません。これでは肌トラブルが改善されるどころか、逆に肌トラブルを招いてしまう可能性もあるので十分に注意しましょう。最後に目元や口元などの乾燥しやすい部分には多めに塗り、テカリやすい部分には少なめにするなど、使う部位により塗る量を変えていくことも大切です。”