美肌への最短ルートはズバリ『継続』!

シミ・そばかすに体の内側からアプローチする医薬品「キミエホワイトプラス」。有効成分のL-システインを、ビタミン含有保健薬として「国内最大量」となる1日あたり240mg配合しています。L-システインはターンオーバーを促進、黒色メラニンの生成を抑制・排出してくれる“お役立ち”成分。肌に染みついてしまった黒色メラニンに働きかけて、無色化していきます。アスコルビン酸(=ビタミンC)はL-システインとともに黒色メラニンの生成を抑制。皮膚や粘膜を正常に保つ働きもあります。そして新たに配合されたパントテン酸カルシウムは、健康な皮膚を維持する重要な働きをしているんです。

キミエホワイトプラスの効果が出るまでは、一定期間飲み続けることが必要。こういう種類の医薬品はいずれも即効性がなく、じわじわと効いてくるタイプです。一定期間、数カ月どころか「1日3回」がこなせる自信がない人、きっといますよね。具合が悪い時に出された薬でも、少し症状が良くなってくると飲み忘れることがあるのに、特に症状がないときっと飲み忘れちゃう・・・。でもやっぱり、毎日3回、飲み続けるのが美肌への最短ルートなんです。

飲んだ成分の血中濃度と効果を考えてみましょう。例えばビタミンC は、過剰に摂取しても尿と一緒に体外に排出されてしまいます。だから、体内にビタミンCが切れそうなときに追加してやるのが最も効率が良く、体内で働きが続きます。キミエホワイトプラスの成分も、前回飲んだ成分の効果が弱まってきたときに次の分を飲むと効果が継続していきます。飲み忘れなく、1日3回飲むのを習慣にするのが、基本にして最も効果の高い摂取方法というわけです。

飲み忘れない工夫を助ける商品が、ドラッグストアや百均ショップにありますよ。  まずおすすめなのは、小さいポケットがたくさんついたお薬管理カレンダー。1日3回、1週間や1カ月など、アドベントカレンダーのように分かれていて、その日飲まなければいけない薬を入れておけます。大げさにしたくないという人はピルケースがおすすめ。外出が多い人でも、カレンダーを持ち歩くように管理できるので安心です。1日3回×1週間分にわかれていなくてもOK。キミエホワイトプラスは小さいので、1つのスペースに3粒入ります。昼飲むときに3粒残っていたら、朝飲み忘れているとわかりますよね。

「せっかく瓶に入っているのに、出しておいたら湿気ちゃうでしょ?」  たしかに、リニューアル&パワーアップして飲む量も1回2錠から1回1錠に少なくなり、瓶も一回り小さく携帯しやすくなった心配ならば、飲んだらカレンダーにチェックしていく、手帳に書きこむなど、目に見える方法でチェックしていきましょう。服薬の時間が近くなったら鳴るように、携帯のアラームをかけておくのも有効。薬の飲み忘れ防止のアプリもあります。継続が難しい人は、活用してみてください。

では、飲み忘れたらどうしたらいいのでしょう。 早速結論を言うと、気付いた段階で飲んで、次に飲む時間をずらします。1日3回の薬では、一般的に4時間あければ大丈夫。例えば朝飲み忘れたら、昼、夕、寝る前に飲んでください。 薬は定められた回数・定められた量で、最も効果を発揮し、副作用が少なくなるようになっています。「早く効き目が出そう」と1回分より多く飲んでも、副作用の危険が増すだけ。キミエホワイトプラスは【1回1錠、1日3回】です。