キミエホワイトプラスに“プラス”された、パントテン酸カルシウムの話

成分・製法が従来からリニューアルされ、パワーアップしたキミエホワイトプラスには、新成分として「パントテン酸カルシウム」が配合されています。パントテン酸はビタミンB群の一種で、成分(一般名)はパンテチン。以前はビタミンB5と呼ばれていました。パントテン酸とカルシウムが結合したものがパントテン酸カルシウムですが、カルシウムの含有量としてはごくわずか。カルシウムそのものの栄養素の働きは期待できませんが、結合したことによって水に溶けやすくなり、体内への吸収率がよくなります。

キミエホワイトからキミエホワイト「プラス」へパワーアップしたとき、パンテトン酸カルシウムがなぜ新配合になったのでしょう?

パンテトン酸カルシウムは糖分や脂質、たん白質などの代謝に欠かせない重要な成分です。皮膚を正常にたもつ働きがあり、細胞の形成や成長、性ホルモンの生成にも関与しています。また、他のビタミンと協力して、皮膚の健康維持を助ける栄養素としても知られています。代謝を良くするということはつまり、できてしまったシミを薄くしていくターンオーバーを進めていってくれるということ。美しい肌のために役に立つキミエホワイトプラスには、必要な栄養素だったんですね。また、パントテン酸カルシウムは副腎皮質ホルモンの分泌をうながす作用があるため、アトピー性皮膚炎や花粉症のようなアレルギー疾患に対する効果があるとする研究も進んでいるんです。

もう少し、新配合されたパントテン酸カルシウムについて知っていきましょう。「パンテトン」の語源はギリシャ語で、「どこにでもある酸」という意味です。特に多く含まれている食品は、乾燥酵母、卵、牛乳、レバー、納豆、きな粉、落花生、干し椎茸、さけ、いわしなど。「けっこう身近で口にする機会もあるものばかりだから、あえて摂らなくてもいいんじゃないの?」と感じるかもしれません。実際、比較的、日常的に食べるものに含まれている成分なので摂りやすいとはいえますが、例えばコーヒーやアルコールはパントテン酸を消費してしまいます。パントテン酸が不足すると皮膚トラブルが起きやすくなり、それが進むと不眠、めまい、手足のしびれなど神経系の障害や、脱毛や成長停止・体重減少などを招きやすくなります。

不足が心配な一方、摂りすぎたときの副作用も気になりますよね。実際のところ、パンテトン酸は水溶性ビタミンなので、摂りすぎたときは体内で尿と混ざり合い排出されていきます。そのため、過剰摂取の心配はありませんから、普段から多めに摂るように意識を持っていた方がよさそうです。

さて、キミエホワイトプラスの話に戻りましょう。もともと美肌に効果のあったキミエホワイトですが、肌の新陳代謝を良くするパントテン酸カルシウムが新たに配合されたことにより、色素沈着系の悩み・・・しみ・しばかすへの効果が【ますます】期待できるようになりました。新陳代謝が良くなるということは、ニキビや湿疹、じんましん、かぶれなどの肌トラブルにも飲んで効くということ。できてしまったニキビを治療する成分ではありませんが、新陳代謝を促すことにより、皮膚からニキビがなくなる時間を早める働きがあります。どうしたらいいか悩んでいる人も多い大人ニキビにも、内側から効いてくれるんです。キミエホワイトプラスは、肌に悩みのある多くの人に飲む価値のある医薬品といえそうです。