副作用ってないの?

株式会社富山常備薬グループが販売する「キミエホワイトプラス」は、医薬品です。「薬ということは効果がありそうだけれど、副作用があるんじゃないの?」と心配する人もいると思います。効き目がある薬ほど副作用があるというのが、薬に対するよくあるイメージです。CMしているから、人気商品だから大丈夫―なんて思う人は、今の時代少数派のはず。いくら効果があっても、副作用があっては困ります。今回は、副作用についてご紹介します。

処方箋がなくてもドラッグストアなどで買える「一般用医薬品」。病院に行くほどでもない時、行く時間がない時に使いますよね。この一般用医薬品は、薬の強さではなく副作用や相互作用のリスクに応じて用指導医薬品、第1類医薬品、第2類医薬品、指定第2類医薬品、第3類医薬品に分けられています。第1類だから薬がよく効く、ではありません。

とはいえすべての薬は、副作用が出る可能性がゼロではありません。リスクを減らすためには、指示されている用法・用量を守った使い方をすること。「早く効き目が出るのでは」と多めに飲むと、副作用が起きる可能性も増えます。ネット上には海外で製造・販売されている医薬品を個人輸入しているサイトや、偽物を売る悪質なサイトもあります。サイトの会社概要のページを見て、医薬品販売業許可証の許可番号などを確認しましょう。一般論ですが、日本国内の販売業者、しかも設立から何年も経過しているような大手ならまず安心して購入できるのではないでしょうか。

キミエホワイトプラス」を販売している「株式会社富山常備薬グループ」は、薬の都・富山を代表する会社を目指して2010年5月に設立されました。関節痛の薬「リョウシンJV錠」便秘に「アロエ錠スルー」など、身近な人を助けてあげたいという想いを注いだ商品開発で、抜群の知名度で全国的に幅広い年代の愛用者を抱えています。

「キミエホワイトプラス」は副作用のリスクが低い第3類医薬品。アミノ酸であるL-システインが皮膚の新陳代謝を活発にして、しみ、そばかすの原因となる過剰なメラニンの生成を抑えます。また、色素沈着を防ぐビタミンCや、にきびなど皮膚疾患の改善に効果のあるパントテン酸カルシウムを配合。黒色メラニンを弱め、肌の代謝を正常化することで角質に沈着したメラニンを排出。肌の生まれ変わりを促進していきます。

パッケージを見ると、副作用として「吐き気・嘔吐・腹痛・発疹」の可能性に触れています。確かにそれらは配合されている成分により起きる【可能性があるもの】ですが、ビタミン類は過剰に摂取しても尿と一緒に排出されますし、過剰摂取をしない限りほとんど心配のないレベル。そもそも第3類医薬品の副作用は、飲んだことで体調に影響があったとしても、日常生活に支障がない程度のもの。心配なこと、不安な点があった場合は、電話で医薬品専門のオペレーターが答えてくれます。 副作用を心配しすぎて、せっかくの綺麗になるチャンスを逃してはもったいない! 初回応援価格1900円(税抜・送料別)でシミ・そばかす根本解決への一歩を踏み出しましょう。そして手元に届いたら、同封されている説明書を必ず読んで、使用方法、禁止事項を理解してから服用を始めてください。