キミエホワイトプラスはどんな人が使っているの?

テレビCMが印象的な「キミエホワイトプラス」。評判よりあのCMのイメージばかり先行しているようですが、実際の使用感はどうだったのでしょう。個人差があるのは当たり前としても、実際に使った人の話は参考にしたいですよね。何人かご紹介します。

【40代女性】
「CMにつられて衝動的に買いましたが、幸い私には合っていたようです。お試し価格で購入したのを皮切りに、半年近く飲み続けたら効果がありました。自分でもいい感じと思っていた上に、夫や子どもから『シミが減った』『顔色が明るくなった』といわれたんです。バンザイ!」

【50代女性】
「シミに悩む主婦です。普段シミは化粧品で隠しているんですが、治せるものなら治したいと思っていました。クリニックに行くのも気が引けるし、手ごろな値段でシミケアできればな~と思っていたとき、キミエホワイトプラスを知りました。飲んで3カ月、全体的に薄くなってきました。同年代でキレイにしている人と比べるとまだまだですが、このまま飲み続けようと思います。」

【30代女性】
「百貨店の美容部員。職業柄興味があったので、20代後半からなんとなく飲んでいます。自分ではピンと来ていなかったのですが、30歳を過ぎてみると、周囲の同年代の友人より明らかに肌のコンディションがいいと感じるようになりました。『シミ対策に何をしているの?』とも聞かれます。続けて正解だったようです。」

【50歳女性】
「色素沈着しやすい体質なので、40代に入ったころからシミ薬を飲んでいます。通販やドラッグストアで気になったものをかわるがわる飲んでいます。キミエホワイトがリニューアルし、成分がパワーアップしたことを知り、前に飲んでいたものが切れたのをきっかけにキミエホワイトプラスに切り替えることにしました。今のところ、シミへの効果は他の商品と劇的に変わるということはありません。でも朝気分よく起きられるようになりました。だるくないんです。二日酔いにも効くということで、シミ以外の面は期待以上な気がします。」

30-50代まで、4人の女性の意見をご紹介しました。皆さんに共通しているのは、キミエホワイトプラスの効き方や飲み方を良く知り、真面目に服用している(らしい)こと、即効性を求めていないこと、過剰な期待をしていないこと。感想をご紹介した皆さんは、もちろん化粧品でのケアも並行しているのでしょうが、肌の奥で生まれる黒色メラニンに働きかけるのは、そう簡単なことではありません。だからこそ、内服薬キミエホワイトプラスを選ぶのです。

シミ・そばかす対策で大切なのは、紫外線など刺激から肌を守り、シミやそばかすの元になる黒色メラニンを「作らせない」代謝を促進させ、どんどん「弱める」「排出させる」こと。そして「健康肌をキープする」。L-システイン増量・パントテン酸カルシウム新配合のキミエホワイトプラスなら、シミ・そばかすだけでなく、湿疹やにきび、かぶれなど、お肌のトラブルに効いていきます。

キミエホワイトプラスに関する良い評判、悪い評判もあれこれ調べて自分で判断し、最終的に美肌になる道を進んでいけたらいいですね。