チーム肌ケア『L-システインとビタミンC』の2トップ

「キミエホワイトプラス」には、シミに効いて健康な美肌に繋がる成分がたくさん入っています。  シミ・しばかすにアプローチする代表的な成分は、アミノ酸の一種で抗酸化作用もある「L-システイン」。たんぱく質を構成し、皮膚の代謝や肝臓の解毒作用に作用しています。メラニン色素の生成を抑え、体外への排出を促す働きをします。コスメマニアならずとも知っている有名な成分ですよね。さまざまな美白関連商品にも配合されている、シミ軽減の“優等生”です。

他にも食品、医薬品、パーマなどのパーソナルケア製品にも使われています。L-システインは体内でアルコールを処理する酵素を活性化させるため、二日酔いの改善にも使われています。実はこの二日酔い改善成分としての方が、歴史があるんですよ。他にもさまざまな栄養素をエネルギーへと変える酵素の働きを助けるため、代謝をよくして疲労・だるさを軽くする効果を持っています。しかし残念なことに、毎日の食事で十分な量を摂ることは難しく、不足しやすいのが現状です。

このようにさまざまに活躍するL-システインですが、シミに効く成分として双璧をなす「ビタミンC」と協力して、更に効果的に美肌効果を発揮することができます。

ビタミンCは、別名「アスコルビン酸」と呼ばれる水溶性のビタミン。キミエホワイトプラスにもアスコルビン酸として配合されています。ビタミンCは自分が変わりに酸化されることで他の酸化を防いでくれるので、強力な酸化防止剤として食品にも使われています。また、コラーゲンの生成にも役立ちます。コラーゲンは皮膚を構成するだけでなく、筋肉や内臓を維持するのにも欠かせないもの。コラーゲン繊維が弱くなってしまうと、毛細血管や歯茎から出血してしまいます。

ストレス、喫煙など、ビタミンCを浪費する要因が増えている現代人。しかも、ビタミンCは体にためておくことも難しいんです。そしていくらビタミンCを単体で摂取しても、体内にある時間は数時間という説もあります。体内のビタミンC濃度が高い時間を増やすためにも、一日2回程度、サプリメントや医薬品などを分けて摂るのが効果的といえそうです。

化粧品で外側から肌ケアをしていたとしても、内側の環境が整っていなければ、すぐにシミが生み出される環境に逆戻りしてしまうのです。「キミエホワイトプラス」は、関節痛・神経痛に効く「リョウシンJV錠」や、便秘に効く「アロエ錠スルー」などで知られる医薬品通信販売会社「富山常備薬グループ」の人気商品。発売以降、毎日飲むだけで手軽に肌ケアができると、スキンケア業界から注目を浴びています。

先発品である「キミエホワイト」に比べ、リニューアルした「キミエホワイトプラス」は、上記の「L-システイン」を160mg→240mgと、1.5倍増量して配合!承認基準の最大量が入っています。ビタミンC(アスコルビン酸)は変わらず500mgも配合。この“チーム肌ケア”最強の2トップが、顔はもちろん、首すじや手の甲、腕など体全体に効いていくのです。 美肌にだけいいわけではない。健康にだけ効くわけではない。同時に摂取することでその両方に大きな力を発揮するL-システインとビタミンC。二つが効果的に配合された「キミエホワイトプラス」の始めどきは、効能を知った“いま”がベストタイミングです!