キミエホワイトプラスにはどんな成分が入っている?

キミエホワイトプラスの成分は、従来のキミエホワイトの内容を強化した上で、肌荒れに対する効果を高めてあるのが特徴です。

基本的な有効成分は、L-システイン、アスコルビン酸、パントテン酸カルシウムの3種類で構成されています。

これらの配合は絶妙なバランスで成り立っているため、多彩な悩みに対応できるようになっています。

従来のキミエホワイトと比較すると、L-システインに関しては1.5倍で増量することが実現しました。従来は160mgでしたが、新製品になってからは240mgの内容量を実現したことが重要です。

この内容量は、第3類医薬品に認められている量の上限となっています。

L-システインを1.5倍に増やすことで、黒色メラニンの生成を抑制する機能も強化されることになりました。

単純に抑制するだけでなく、排除して新陳代謝を高める機能も強化されてます。

シミの原因を作り出す黒色メラニンに対しては、L-システインだけが作用するだけでなく、他の2種類の成分も上手に調和するように配合されています。

L-システインとアスコルビン酸は、互いに協力して黒色メラニンを弱める働きをします。アスコルビン酸は、ビタミンCと同様な働きをする性質があるため、L-システインとの相性は抜群です。

この機能があるおかげで、紫外線が強い環境下で肌荒れを起こしてしまった場合でも、対処がしやすくなる仕組みです。

黒色メラニンを排除してから新陳代謝が促進するのは、パントテン酸カルシウムの働きが良い影響を与えているためです。

キミエホワイトプラスが新陳代謝を助けると、皮膚の表面から粘膜に至るまで、健全な状態で保つことが容易になります。

この段階は基本的には4種類ありますが、最初の抑制から最後の代謝促進までの過程には無駄な部分がありません。

パントテン酸カルシウムに関しては、キミエホワイトプラスになってから新成分として配合された経緯があります。

メラニンを排除する過程で、最終的には代謝促進に関わっていましたが、三大栄養素の代謝にとっても欠かせないものです。

新成分としてパントテン酸カルシウムを加えることで、そばかすやシミだけでなく、ニキビや湿疹に対しての効果も実現しました。

飲んで効くことも特徴ですから、日頃から食事が不規則になっている場合にも最適です。

L-システインとパントテン酸カルシウムの増量で、疲れや二日酔いに対する効果も高くなっているため、年末で飲み会が多くて疲労や肌荒れが続いている場合にも役立ちます。

今なら公式サイトでキャンペーン実施中!

今なら公式サイトで半額以下の45%OFFで購入可能なキャンペーンを実施中!

なるべく安くキミエホワイトプラスを購入したいという人は公式サイトで購入するのが一番お得なので是非詳細をチェックしてみて下さいね!

※当サイトで紹介している情報やキャンペーンは急に内容が変更になったり終了したりする可能性があるので必ず公式サイトで最新の情報を確認するようにしてください