シミ消しクリームは美肌にしてくれる?

本気でシミ対策をしたい人のために、世間には「シミ消しクリーム」「シミ取りクリーム」と呼ばれる商品が流通しています。ドラッグストアで買えるものから、美容皮膚科で処方されるものまで、それこそ数えきれないくらい。ドクターズコスメと呼ばれる、企画・開発や試験に皮膚科の医師が関わるものも人気です。顔に使うものですから、安心感を求めるのは当然ですよね。しかし、多くの人が「シミを消すにはクリームタイプが使いやすい」と買い求め、早くきれいにしたいから多めに塗っちゃえ~などと、自己流で使っているのが現状だと思います。

そんなシミ消しクリームですが、効果が出ない、もしくは副作用が出たと聞いたことはありませんか? シミ消しクリームに配合されている成分の中には、よく知らないでなんとなく使うのは怖いものがあるんです。

そのひとつが「ハイドロキノン」。コスメ好きならずとも、美白には漂白作用のあるハイドロキノン配合がおすすめ―と、耳にしたことがあると思います。漂白というほどですから、よっぽど肌を白くしてくれるんだと思いますよね。一説に、一般的に使われている他の美白成分の数十倍の効果があるといわれています。ハイドロキノンはメラニンの生成を抑制する、メラニン自体を漂白し薄くする、この2つの効果があり、皮膚科で処方してもらえるほか、市販のクリームにも入っているものもあります。

実は、ハイドロキノンは使い方に大変気を遣うもの。使い方を間違えると、逆に肌のトーンが整わず、汚く見えてしまいます。ハイドロキノンは効果が高い一方で、肌に強い刺激を与えます。肌に合わないと赤みやかゆみが出てしまうケースも。更に、ハイドロキノンを使っている間は紫外線を吸収しやすくなっている状態。必ず日焼け止めを使わなければいけません。ハイドロキノンは濃度が高いほど副作用も出やすくなります。望む結果に結び付けるためには使っているクリームの効能を知り、きちんと注意書きに沿って使うことが大前提です。

そんなことを知ると、新たな疑問がわいてきます。
―肌が白ければ白いほど、美肌なんでしょうか?

肌の美しさを表現するのに「透明感」という言葉が使われます。透明感のある肌とは、肌の持つ水分量が多い肌のこと。ターンオーバーが適切に行われると健康な細胞が生み出されます。肌の表面から奥まで組織全体が水分を多く含むようになると、しっとりとした透明感が出てきます。つまり、美しい肌とはただ白いだけでなく、健康な肌というのが大前提なのです。もともと、有害な紫外線によって肌の細胞が壊され、劣化・老化していくのを防ぐのがメラニンが作られる目的です。ならば、肌を健康な状態にし、メラニンの生産量が減るよう紫外線やそのほかの刺激から守るようにすればいい。シミの原因の4割が美白剤と紫外線吸収剤の誤った使用であると呼びかける専門家もいます。

シミ・そばかすを消したい人はもちろん、健康で美しい肌を目指す人にぴったりなのが「キミエホワイトプラス」。体の内側から「飲んで効く」医薬品です。ターンオーバーの正常化を促し、にきび・湿疹、かぶれなどの肌トラブルに働きかけ、疲れやだるさ、二日酔いにも効いていきます。美肌を目指す女性はもちろん、頑張るサラリーマンにも喜んでいただけるような効果効能になっています。

健康で元気な人は、それだけではつらつと美しく見えますよね。肌にも同じことがいえるんです。キミエホワイトプラスで、健康な美肌を手に入れてはいかがでしょう。