キミエホワイトプラスが内側から効く理由

年齢肌向けの化粧品は、世の中に数多くあります。ドラッグストア、コンビニ、スーパーにも、「美白」や「エイジング」を謳った商品が並んでいます。そればかりか、新たな発見・研究に基づいた美白化粧品が毎年のように発売されています。その新しい成分は、きちんとリスクまで分析されているんでしょうか?

美容雑誌やインターネットの口コミサイトなど、情報も選択肢も多すぎるため、自分に合うかどうかピンと来ないまま、若い頃の化粧品を使い続けていたり、新商品のトライアルキットを渡り歩いたりしている人も少なくないようです。そもそも、シミはたった一日ではできないように、短い期間でなくなったりはしないもの。“自分”に合った化粧品ではなく、“気分”に合った化粧品でいいんでしょうか。

一部の専門家が指摘する通り、化粧品はそもそも、メラニンが生成される皮膚の奥の奥まで届いているのかという疑問もあります。表皮は外側から皮膚膜、角質層、顆粒層、有棘層と層をなし、やっとメラニンを生成している基底層に至ります。肌は本来の意味として外の刺激から体を守る機能を持っているのですから、そう簡単に入っていくのでしょうか。逆にぐんぐん入り込んでいって、困ることはありませんか? 大手メーカーの化粧品による白斑問題は記憶に新しいところ。効果が出ても、望まぬ副作用が出てしまっては元も子もありません。

それでは、どうにかしたいこのシミは、何をしたら薄くなる、または消えてくれるのでしょう。そこで「キミエホワイトプラス」の出番です!

キミエホワイトプラスは比較的作用が穏やかで、ある程度の期間服用することで効果が出てくる、シミやそばかすへの効果が認められた「飲んで効く」お薬。シミやそばかすを消すキミエホワイトプラス最大の特徴は、『内側から』『シミを作らせない』『細胞の生まれ変わり促進』ということ。L-システインがアスコルビン酸とともに、黒色メラニンの生成を抑制。アスコルビン酸は、新配合された成分のパントテン酸カルシウムとともに、健康な皮膚を作り代謝を正常に整える働きをします。つまり、しみやそばかすのもとになる黒色メラニンを作らせずに、できてしまったシミは代謝で外に出していくということ。キミエホワイトプラスは、外から働きかける化粧品にはできない、内側からディープに作用する力があるんです。

メーク落とし、洗顔、化粧水、乳液、美容液にクリーム、パック、紫外線ケア・・・。考えただけで「面倒!」「したくても、そんなに時間かけられない!」と思いませんか? キミエホワイトプラスなら1回1錠、1日3錠。毎日習慣として飲むだけなので、手軽さこの上なし。肌のターンオーバーに働きかけ、内側からキレイが湧き出てくる・・・そんなイメージです。

化粧品によるお手入れも、美しい「魅せ肌」を作るためにもちろん必要です。一方で、できてしまったシミを消すのが大変なら、まずはできるだけ作らせないようにすること。日焼け止め、帽子、アームカバーやサングラスなど、便利でおしゃれなグッズもたくさんあります。上手に活用して、しみやそばかすをつくらせないようにしましょう。できてしまったしみ・そばかすは、内側から消していく。はつらつとした女性の毎日に、キミエホワイトプラスが強い味方になってくれます。